スタッフブログ

片づけ

こんにちは。運輸部の中野です。
またまた今週もやってきました雪の寒波。
圧雪のガタガタ道にツルツルピカピカの路面凍結。ちょっとウンザリです。
でもカレンダーを見てみると、あと1ヶ月もすれば3月中旬。なーんだ、もうそこまで春は来ているじゃないですか~♪そう考えれば、なんだかこの雪もなんとか乗り切れそうです。

ところで、やらなくては・・と思いつつ、なかなか出来ないのが部屋の片づけ。
置きっぱなしの色々なモノたち。
またいつか使う時がそのうちくるだろうと思って早何年・・・。
「モノを捨てる」のスイッチが、なかなか入りません。
でも、ある本に書いてあったこの言葉でようやくスイッチが入りました。

「捨てる」ではなく「お別れ」。ものに第2の人生を見つけてあげましょう

まずはビデオデッキとレコードプレーヤー(←これ懐かしいでしょ(笑))をリサイクルショップへ持ち込みました。ゴミとして捨てるのではなくて、一部の部品だけでも何とか次の人に使ってほしいという思いからリサイクルショップに渡してお別れをしました。
お金にはなりませんでしたが気持ちスッキリ晴れ晴れでした。
この勢いで、衣類や食器類などもリサイクルショップへ持ち込みましたが、まだまだ部屋の中にはモノが溢れています。スッキリと居心地の良い環境で生活したいものです。これからも片づけや収納の本を参考にして定期的に片づけを続けていきたいです。


先日の大雪で、朝早くから構内の除雪に追われました(笑)
↓天気がよかった日に撮影したものです(除雪機が大活躍!)

DSCN3282.JPG


運輸部 中野美砂子

実は。。。

こんにちは。最近の好きな食べ物は「かぶら寿司」、野村です。

実はこっそり、昨年の10月から陶芸教室に通っています。
手相占いで「芸術系の力があるはずだから、興味のあるものがあれば挑戦したらいい」と言われたのをきっかけに、前から面白そうだと気になっていたので、思い切って始めました!

通い始めてから、これまではほとんど気にしたことの無かった、食事の時の食器に自然と注目するようになりました。
何を作るか、どのような形にするか、今はその場の思いつきで作るばかりなので、見たものを参考に普段から何を作りたいか考えておくと、もっと楽しくなるのではないかと思います。

また、私はあまり集中力がないのですが、陶芸教室にいる間は目の前の作っているもののことしか考えていません。こんなに集中できるのかと驚きです。

まだまだ思い通りに作ることは難しいですが、楽しく続けてみたいと思います。
(占いが当たっていれば、アートの力が発揮されるはず)
 20180202.jpg

陶芸教室は平日にあるのですが、先週は大雪のため会社からの帰り道がとても混んでいて間に合わず、お休みしました。
車を運転するようになってから4回目の冬ですが、今年の雪道が1番怖いです!
ひやっとすることが何度もありますが、今年も焦らず安全運転で乗り切りたいと思います。

総務部 
野村 夏未

安全祈願・全社会議を終えて

昨年11月より石川営業所へ赴任しております、鴨島です。

新年を迎え、1月13日(土)に毎年恒例の"安全祈願"と"全社会議"が開催されました。
今年は、運行中の運転手が多く全員参加とはなりませんでしたが、参加できた社員で一年の安全を祈願し、全社会議では2018年の展望を確認しました。


2018年行動指針・キーワード
『仕事に魂を込める』
 1.与えられた仕事を真面目に行う会社になる。
2.信頼される仕事、良いサービスを提供し、優れた物流企業になる。
3.県トラの看板を与えられ責任を負っている事を忘れてはいけない。
4.不良は企業の恥である。己の未熟さを自覚し、日々の努力を忘れない。
5.仕事は駅伝のようなもの、社員で力を合わせ次の世代にバトンをつなぐ。
6.仕事を通し、人として成長する。

IMG_8114.jpg



昨年から続いている燃料価格の高騰や継続的な運転手不足など、我々の業界にとっては
依然厳しい年であると思いますが、
社員一人ひとりが全社会議を通して心新たに2018年を迎えられたと思います。

私事で恐縮ですが、勤続20年を迎え全社会議で表彰を受けました。
ここまで頑張って来られたのも、荷主企業の皆様、社員の皆様の支えがあってこそです。
この場を借りて皆様に感謝申し上げます。

また、私の長女が今年成人式を迎えました。娘共々20年と節目となる年になり、私も3回目の成人式(笑)を迎えるまで、健康に留意し頑張っていきたいと思いますので、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

IMG_8146.jpg



石川営業所
鴨島 忠

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

さて、県トラ新聞も創刊50号を突破しました。
16年6月より連載を開始しました田中先生の「'ものづくり'における現場改善の進め方」は、お客様からも好評で、是非一度お話を聞いてみたいというお声を多数頂戴しておりました。
そこで、今回ご要望にお応えし、
2月20日(火)13:00~富山電気ビルにて、無料セミナーを開催することといたしました。
県トラ新聞では、(紙面の都合上)要点のみを連載しておりましたが、当日は図表や事例を用いて、田中先生よりわかりやすく解説していただく予定にしております。
是非ご参加いただき、社内の現場改善にお役立てください。

なお、弊社のお客様には、1月中旬にご案内状をお送りいたします。
(お客様以外のご参加も可能ですので、ご興味のある方は富山県トラック(株)までご連絡ください)

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


物流部 中村

こんなカードがあることご存じでしたか?

雪も降り本格的な冬に入って乾燥がつらくなってきた蒸です。

突然ですが、皆さん『マンホールカード』をご存じですか?
私は知らなかったのですが、先月、道の駅新湊で配布されたのを機に、とても興味が湧いたので調べてみました。
マンホールカードとは、実際に各自治体で使われている下水道マンホールの蓋のデザインが描かれているカードです。カードには、マンホール蓋の写真、位置情報やデザインの由来などが記載されています。射水市が下水道に興味を持ってほしいとカードを作成されたようで、射水市の市章を取り囲むように、市の花「カワラナデシコ」と花木「あじさい」がデザインされています。

下水道と聞くと、汚いなどという悪いイメージをもたれることがあります。そんなイメージを払拭するために、下水道を所轄する国土交通省や民間企業などでつくる任意団体のGKP(下水道広報プラットホームの略称)が設立されました。「下水道の役割を国民の皆さまに知ってもらおう」というのがマンホールカードの生まれたきっかけだそうです。
※ちなみに射水市(新湊)は私の生まれた地元です!

マンホールのような何気ないものでも、工夫ひとつで印象を良くするということが分かりました。仕事においても、ちょっとした些細な事でも気にかけて工夫し、現場が良くなるよう取り組んでいきたいと思います。

☆マンホールカードは多種多様の楽しみ方があるので、興味がある方はぜひ!☆

物流3課
蒸 幸子

2017122202.jpg2017122201.jpg