安全・環境への取り組み

「当たり前」を当たり前に実行し、
より安全でエコロジーな業務体制を。

当社は社会的責任を担う物流会社として、業務の安全性向上や環境問題への対応に力を入れています。
社内ルールの「県トラABC」とは、「A…当たり前のことを、B…ばかばかしい程、C…ちゃんとやる」こと。
私たちは輸配送・倉庫保管などどんな業務においても、当たり前にすべき点を徹底して実行することで、
業務のクオリティアップを図れると考えています。


業務の安全性や環境問題への対応

セーフティードライブ

輸配送時の一番確実な安全対策は、法定速度を守り余裕を持った運転を心がけること。県トラの全車両が徹底しています。

低燃費走行・アイドリングストップ

県トラの全ドライバーが業務中の低燃費走行・アイドリングストップに地道に取り組み、省エネや二酸化炭素排出量削減に貢献しています。

確実な点検・整備

安全性を高めるため、トラックの定期点検・整備は欠かさず確実に行います。また社内にディーラーを呼んで開催する「自主整備実演会」によって、ドライバーのメンテナンス技術向上にも努めています。

デジタルタコグラフ

全車両にデジタルタコグラフを設置し、運行状況を数値化して把握。公平な評価・判定を行い、業務に役立てています。燃費は約5%の改善がなされ、経費削減、エコ、安全性向上にもつながっています。

ドライブレコーダー

ドライブレコーダーはある一定以上の衝撃を検知したとき、車内に設置したカメラで自動的にその映像を記録。事故や急ハンドル・急ブレーキなどの場面の解析に活用できます。

バッテリー式フォークリフト

フォークリフトをエンジン車からバッテリー車に全面的に入れ替え、二酸化炭素排出量を削減しました。(20台)

安全性優良事業所(Gマーク)取得

富山県トラック本社は、社団法人全日本トラック協会より安全性優良事業所(Gマーク)認定を取得しています。
Gマークについて

プライバシーマーク(Pマーク)取得

財団法人日本情報処理開発協会のプライバシーマーク(Pマーク)制度により、個人情報について適切な保護措置を講ずることができる事業者として認定されています。
Pマークについて


輸送・配送・倉庫業務・EC物流・
流通加工・アウトソーシング

富山県トラック株式会社
富山県富山市水橋沖188番地