品質向上への取り組み

「人財」のレベルアップで物流品質を向上。

物流業界では物流品質の向上のため、システム開発や倉庫機能強化など
ハード面の充実に取り組む会社が多く見られます。
しかし県トラでは、物流品質向上の鍵はまず「人」にこそあると考えています。
「人」というソフト面の充実が、業務レベル全体を引き上げるのです。
そうした考えに基づき、当社は社員教育や現場でのJIT、改善、見える化などの取り組みに力を注いできました。
これらはすべて着実に成果に結びついています。


県トラの品質向上策

JIT(ジャスト・イン・タイム)

JITとは俗に言う「トヨタ生産方式」であり、プルシステムという概念を生んだカンバン方式や、人のついた自働化などに代表される「必要なモノを、必要な時に、必要なだけ供給する」工程管理です。3ム(ムダ・ムリ・ムラ)の排除により付加価値業務のみを行って生産性向上・原価低減を目指す、私たち物流業者にとっては「改善手法」ではなく「経営哲学」とも言えるものです。

カンバン

スーパーマーケットに代表されるように、お客様(後工程)は欲しいものを欲しい時に欲しいだけスーパーマーケット(前工程)に買いに来ます。スーパーマーケットは無くなった分だけ商品管理のカード(商品名・品番・置場所)を確認し、補充することからヒントを得て応用されたと言われています。
これによりムダな在庫(仕掛り)は無くなり、まさにJITの自立神経と呼ぶことができます。ここに至るまでにはかなりの改善が必要です。

平準化

各工程の仕掛り停滞を無くすために各工程の要素作業分析を行い、ボトルネック工程を抽出して均等に分担することをいいます。

1個流し(流れ生産)

サイクルタイム(顧客の要求タイミング)内で、1個づつきちんと工程の順序に従って規則正しくつくることです。逆に各工程で仕掛りを貯めてつくる方法をダンゴ生産といいます。

多工程持ち→多能工化→少人化

1人の作業者が流れに沿ってより多くの工程を持つことを多工程持ちといい、多能工とは多工程の仕事ができる能力をもった作業工を指します。少人化とは受注量に応じて最少の人員で対応することであり、受注量の変動に対応することができます。

標準化(目で見る管理)

何が正常で何が異常かを一目でわかる状態のことをいいます。また改善のツールとしても活用し日々進化させていく必要があります。何よりも守られなくては意味がありません、大きく掲示する必要があります。

県トラ流「改善」

県トラが改善をし続けるために、社員全員で意識して毎日の業務に取り組んでいます。

  1. 5S活動
  2. 改善提案制度
  3. 2S担当者区域割

標準化(目で見る管理)

県トラの倉庫内ではさまざまな「見える化」を行い、業務効率を向上させています。

  1. 各種ロケーション表示
  2. 目標
  3. 専用品・治工具・事務用品
  4. 標準化
  5. 多能工

県トラの品質向上策

県トラの目標とする人材とは、周りに好影響を与えてくれる「人財」です。自分の独自固有の長所を活かすことで、自分を活かし、他人を活かし、世のため、人のためになるような行動ができる人物を表します。お客様の問題を、正確に把握した上で、実行可能な解決策をお客様に提示できる能力を有する社員の育成に取り組んでいます。

県トラ塾(社員スキルアップ勉強会)

開催 毎月1回の社内勉強会。年1回の合宿県トラ塾の開催。
講師 外部講師、当社役職者・社員(社外研修修了者)
参加 全社員
内容 ・講義形式による物流知識の把握
・ワークショップ形式による目標設定や問題解決、
 部門間の連携強化
・小集団活動形式による改善手法の習得
・その他、時流に合わせたテーマの講義

県トラ塾の様子は、県トラブログで詳しくご紹介しています。

ドライバー教育

1.定期的な研修会の実施
定期的に行われるドライバー向け研修は、ドライバーの業務対応力を磨く上で非常に重要な役割を果たしています。
その成果として、荷主様から現場での業務対応力の高さを評価していただいています。

2.ドライバーミーティング
物流の現場は日々変化しています。県トラではその現場の最前線で働くドライバーと(週に1回)ミーティングを行い、突発事項にも会社として対応できる体制を整えています。定期的なドライバーミーティングが着実に成果に結びついています。

3.班長との打ち合わせ
ドライバーを管理している班長とは高頻度で打ち合わせを行っています。
班長は日々の業務状況からドライバーの健康状態の把握までを管理する責任と権限を与えられ、毎日緊張感を持って業務に取り組んでいます。
その成果は事故率の低さに現れています。

社員授賞式

運輸部・総務部・物流部の全社員が集まる年一回の全社会議では、
各部門の1年間の結果を報告し合い、優秀な業績を残した社員が表彰されます。
5S活動の取組みをチーム別に評価する「5S大賞」や運輸部門の「無事故賞」・「燃費改善賞」、資格取得者への「自己啓発賞」などの賞があります。
県トラ社員一人一人がモチベーションを高める恒例のイベントです。

資格取得

物流技術管理士 日本ロジスティックシステム協会主催の物流スペシャリストの育成を図る専門講座です。
プレミーティング、講座13単元、面接試験、認定賞授与式からなる6ヶ月間・25日の講座。
3PLの展開に必要な基礎知識を学べる講座。
受講者は毎回レポートを提出。
内容は会社に送付されてくるので、受講者の理解度が確認できる。
80名の同期受講者がおり、向上心の形成とネットワーク作りにもつながる。
2001年よりJILS物流技術管理士講座への派遣を始める。
2002年JILS主催第16回全日本物流改善事例大会にて優秀事例賞受賞
【取得者】
中村、川田、鴨島、小川、吉川
ファイリング
デザイナー
「ほとんど見ない書類はいっぱいあるのに、必要な書類がいつも見つからない。」
これは、仕事に必要な情報を必要な期間だけ皆で共有する仕組み=ファイリングシステムが、
組織内に浸透していないために起こるものです。
オフィス・ワークの生産性を向上させるため、オフィス文書の発生から廃棄までライフサイクル全般を適切に管理する人材がファイリングデザイナーです。
【1級取得者】
中村、中野
フォークリフト
オペレーター
丁寧・迅速な物流業務に欠かせないフォークリフト。資格取得者がスムーズかつ正確に操作し、業務に当たっています。 【取得者】
男性社員(全員)、女性社員(倉庫作業従事者)
危険物取扱者 当社では軽油タンクを保有しているため、運輸部には必須の資格です。

社外研修

改善カレッジ LSR社の指導先の企業を毎月2日間訪問し、現場の問題点を浮き彫りにして改善提案を行います。 「改善を実行している企業に更なる提案をする」という内容で、受講者は常に改善案の提示を要求され、それを参加者の前でプレゼンするという課題が与えられます。改善に対する意識・技能を確実に向上させることができます。

輸送・配送・倉庫業務・EC物流・
流通加工・アウトソーシング

富山県トラック株式会社
富山県富山市水橋沖188番地