社長ブログ”千客万來”

東京オリンピックを振り返る

 新型コロナに翻弄された東京オリンピックが無事終わった。当初の予定から1年遅れ、その上に無観客での開催となった。その是非については直前まで議論がなされ、開催中も反対運動が行われていた。しかし開催は正しい判解だったと、私は思っている。開催を境にコロナの流行が拡大したが、それはオリンピックのせいではなく、対策の失敗が原因だと思う。国民のオリンピックに対する関心はいつも通り高く、毎日テレビに釘付けになっていたのではないだろうか。競技者のがんばりで予想以上の好成績があげられたことを、ネガティブに捉えた人もそんなにはいないと思う。

 開催の直前に、国民の大半が開催に否定的だったのは、「不確定要素が多く何が起こるか予測がつかないから、取り敢えずは先に延ばした方がいいのではないだろうか。」という気持ちからだったように思う。私も難しいのではと正直思っていた。しかし、オリンピックが終わってみると、心配したほどの問題はほとんど起こらなかった。読売新聞の世論調査では64%の人が開催してよかったと思っているとの事だ。

 確かに今回のオリンピックはコロナの中でどんな問題が起こるか全く予測のつかない状況での開催であり、格段に厳しいリスクマネジメントが必要だったのは容易に想像できる。そんな中リスクが有るから開催を延期や中止するのではなく、関係者たちは「どうやって成功に導いて行くか」を必死に模索したと思う。開催を批判するのは誰でもできるが、リスクを徹底的につぶして、やり切った当事者たちこそ称賛されるべきだろうと私は思う。

 我々の日々の仕事の中でも、同じようなことが起きている。仕事にリスクはつきものであり、リスクのない仕事などあり得ない。そしてその仕事には常に改善が求められており、改善のない仕事も仕事とは呼べない。しかし、何かと理由をつけてそこから逃げてはいないか。

 困難に遭遇した時に、打つ手は無限にある。突破口は必ず見つかる。ところがそれに挑戦できる人は限りなく少ない。すぐに「出来ない理由」を語り、その正当性を主張するが、実は「リスクを取りたくない」「変えたくない」というのが本音だろう。このオリンピックを通して、日本人には何でも批判的になるのではなく、行動する大切さを学んで欲しいと切に思う。


吉澤 比佐志

不安と向き合う

 新型コロナウイルスの流行が始まり、約1年半が経過した。ワクチンの接種による感染者の抑え込みが焦点になっているが、接種を望まない人も多い様で、まだまだ出口が見えたとは言えない。この閉塞感はいつまで続くのだろうか、不安は解消されないままだ。


 人はコロナにかかわらず、日頃何かと不安を感じて生きている。取り越し苦労のような不安もあれば、危険予知につながる不安もある。例えば、大雨が降ってきた時、それがいつもと違う勢いで降っている時に感じる不安は、生存に対する不安である。これがなければ、大災害が起きた時に命を失うことになるので、不安を持つこと自体は悪い事ばかりではないと思う。不安は、誰にでもある自然な心の動きと言っていいだろう。


 しかし、だからといって些細なことにいちいち反応して、不安のとりこになる事は避けなくてはいけない。何事にもすぐに不安を感じるいわゆる「心配性」の人は、その原因のほとんどが自分の中に有り、行動することで解消できるのに、不安を不満に変えてネガティブな発言や行動をする事が有る。


 かくいう私も心配性であり、不安の原因を他人に求めたくなるが、それでは解決などできるわけがない。不安は自分の行動にネガティブな影響を与えるので、それを安心に変える努力が必要だ。その為に実践していることは、まずは不安を感じている自分を客観的に観察して、それがなぜ起きたのかを分析する。そして心の在り方をプラスにして、現状を肯定的に受入れ、対処法を考え行動することで少しずつ解決の方向に導いている。うまくいかなければ他の方法を模索する。始めは難しいかもしれないが継続することで出来るようになると思う。


コロナだから不安を感じるのではない。コロナでも不安に感じずに生きて行く考え方と行動に欠けているのだと思う。現実にコロナの中でも、成長している個人や企業はたくさんある。その違いは各自の心の在り方にあるのだろう。不安に対する自分なりの対処法を見つけて安心の心を持てれば、日々の生活が変わってくると思う。みなさんは不安と上手に向き合っていますか?


吉澤 比佐志

心を積極的に

 新型コロナウイルスは、決定的な対応策のないまま第4波を迎えようとしている。今できる対策は感染予防の実行のみだ。一方欧米ではワクチンが功を奏して来ており、日本でもその接種が期待されるところだが、数量の確保が遅れておりまだまだ時間がかかりそうだ。強いリーダーのいない日本はいまのところは、他国の成功事例に学ぶしか無く、先の見えない不安な日々はまだしばらく続きそうだ。


 不安というのは、人間の考え方や行動をも否定的な方向に導いて行く。コロナが人々の心にマイナスなインパクトを与えていることは事実であり、言いようのない閉塞感が漂っている。しかし、コロナで変化する事の全てが否定的なものではない。テレワークやデジタルトランスフォーメーション(DX)の浸透で、旧来の生産性の低い仕事を見直すチャンスであり、働き方改革につながるだろう。これまでの価値観を見直すこれとないチャンスである。


 時間はかかるかもしれないが、いつかは新型コロナにも治療薬が開発され「ただの風邪」になる日が来る。その時人々の不安も同時に解消されるのであろうか?答えはノーである。自分の心のあり方が消極的である限り、また新たな材料で不安や心配事が発生する。自分の将来の事、仕事の事、友人との事、家族の事等、心配ごとの種は限りなくある。


 なぜ人は、不安を抱き続けるのであろうか。それは、心の中に消極的な思考パターンが刷り込まれているからだろう。自分の周りで起こることに対して、反射的に否定的に考える習慣がついているために、不安が心の中に生じる事になる。そしてそれをごく当たり前の事と思っているからである。「これを心配せずにいられようか?」と。


 コロナ禍をチャンスに成長する人は、普通の人たちが不安や不満をため込む時に、この状況を面白がることのできる、積極的な心の持ち主だろう。そんな人はどんな困難な状況でも、それをプラスに変えて行く心のパターンが出来ている。コロナの終焉が心を穏やかに変えてくれるのではなく、自分の考え方、それも「積極的な心」を持つことによって、コロナにも他の心配事にも動じなくなれるのである。難しいこの時期を心の力でプラスに変えて行きましょう。


吉澤 比佐志

積雪128cm

1月7日に降り始めた雪は、その後記録的な大雪となり、富山市では10日に128cmの積雪を記録した。100cm超えは実に35年ぶりとの事で、融雪装置の無い道路は除雪が追い付かず、道がでこぼこになって大渋滞した。加えて、北陸高速道路が通行止めになって、一般道に車が流れ込んでその渋滞に拍車を掛けた。弊社では、内勤者はテレワークや早退等で対処したが、それでも市内の混乱は一週間程度続いた。

そんな中、ドライバー、配車担当者、倉庫担当者は、社内向けSNSや構内の監視カメラを駆使して、運行の判断や構内の除雪を適切に行った為、大きな混乱もなくお客様の仕事をこなすことができた。その頑張りに対して頂いたお客様からのお礼の電話ほど我々のやる気を引き出すものは無かった。少し前までは、「何が有っても必ず届けてくれ」もあったが、今は有難いほどの気遣いを頂ける。雪降り始めの段階で「危ないから、無理しなくていいよ」や「今日は危険だからやめておきましょう」等の配慮も多くあった。しかし、それに甘えず我々は出来る最大限の仕事でお応えさせて頂いたと思っている。

同時にテレワークには課題も残った。何故なら我々の仕事の性質上、ドライバーとのコミュニケーションは電話に頼る部分も多く、事務所全員をテレワークにする事は現状では難しく、実際には電話が鳴りっぱなしだった。全員出社できないような事態を想定して対策を考える事が課題として残った。

大雪に加えて、今はコロナの流行が収まらない。その対応に追われる企業も多い。また、地震や大雨など、このところ大きな災害が続いている。明日どのような災害や危険が起こるかがわからない状況において、事業の継続を達成するために、BCP(Buisiness Continuity Plan 事業継続計画)という考え方がある。現在弊社を含め多くの企業がこれに取り組んでおり、今回の大雪ではコロナ禍での対応策として実験的に行ってきたテレワークを、課題が残ったとはいえ、生かすことが出来た。今回の問題点をしっかり整理して、今後の様々な危機に備えたいと思う。「天災は忘れた頃にやってくる」である。


吉澤 比佐志

船井総研ロジ(株)のセミナーの講師をしました

先日船井総研ロジ(株)さんのセミナーにおいて「経営計画と働き方改革について」の演題で私と小川執行役員が講師をさせて頂きました。内容的には、弊社で取り組んでいる3ヶ年経営計画やそれに係るDX(デジタルトランスフォーメーション)やBI(ビジネスインテリジェンス)についての現状をお話させて頂いたのですが、セミナー自体がオンラインで開催されていたので、県トラの事務所から全国の参加者に向けて話をするという初めての経験でした。開始早々予定されていた動画と違うものが流れたり、こちらの画像が映らなかったりと、冷や汗の連続でしたが、こんな時代になったのだなという事と、今まではセミナーの為に東京まで1日かけて通っていた事がこんなに簡単に変わってしまうんだという事を身を以って知ることが出来ました。
県トラの3ヶ年経営計画は今年で実施から4年目の年となります。これまで取り組んできた事を、包み隠さず話をしました。また、DXやBIの取り組みは、吉川さん、春田さん、鈴木さんが船井総研さんからインタビューをして頂き現状を紹介するという形式で録画にてオンエアされましたが、三人とも堂々とそしてとてもしっかりした内容で話をしてくれました。
我々が講師を引き受けたのは、県トラが凄い取り組みをしている事をアピールしたかったわけでは有りません。正直言って講師を依頼された時に、試行錯誤を続けながらやっている姿を見て頂くことで良ければ、と言ってお受けしました。
今回の取り組みでの学びは、自分たちが置かれている事を整理して他人に話すことによって、現在の立ち位置が俯瞰できたという事です。試行錯誤をしながらも、真摯に取り組んできたからこそ、計画が機能し始めている事が実感できました。加えて、3カ年経営計画の取り組みの流れを説明した、計画立案の責任者である小川さんが自分のやるべきことにしっかり向き合って、部下たちを引っ張っている姿が見られた事が大きな収穫でした。また、DXやBIを通して、若い人たちが経営感覚を持って仕事を見つめ始め、自分の頭で考えるようになってきているなという印象を持ちました。自分の頭で考える事が出来る人は確実に成長します。
セミナーの参加者の方からは、全てポジティブなコメントを頂きました。同じ勉強会の仲間なので、多少はヨイショが有ったかも知れませんが、これからも3ヶ年経営計画を通して会社が発展していく事に、真摯に取り組みたいと決意する良い機会になりました。
尚、セミナーの録画が有りますので、興味のある方は小川さんにコンタクトして下さい。

船井総研ロジ(株)さん、有難うございました。


吉澤比佐志