社長ブログ”千客万來”

20才大学生から学んだこと

 今年の夏休みに、我が家でアメリカ人の学生のホームステイを受け入れた。シアトル生まれのモンゴル系アメリカ人で、現在名門イエール大学で経済学を専攻する20才、9月から3年生になる優秀な男子学生である。ホームステイを受け入れた経験はなかったが、家内が学生時代にアメリカでしたホームステイがとても楽しい経験だったことから、受け入れてみようという事になった。コミュニケーションについては、前の仕事で英語を頻繁に使っていたのでさほど不安は無かったが、思いの外錆び付いていた。しかし、シャワーのように英語を使うチャンスも今の生活ではそうそうないので、頑張ってたくさん話をした。
 その結果、自分が持っていたアメリカの高校生や大学生のイメージが何ともステレオタイプの先入観に満ち溢れたものであることを思い知った。まずアメリカの高校生はほとんど勉強をせず、楽しい学校生活を楽しんでいると思っていた。ところが、彼の通っていたシアトルの私立高校は学生がとても真剣に勉強し、彼も3年生になりたての頃に受けたSATというアメリカのセンター試験のようなもので早々トップクラスの大学に行ける成績を取り、3年生の後半は学業成績と同様に大学から要求されるボランティア活動に励み、その結果無事にイエール大学に合格できたとの事だ。彼の高校の卒業生にはビル・ゲイツがおり、在校生はマイクロソフトやアマゾンで働く親を持つ子供が多く、勉強へのモチベーションもかなり高いそうだ。
 また、アメリカ人はトランプではないが、アメリカ第一で、外国には興味の無い人が殆どと思っていたが、彼は高校卒業時から毎年海外でのホームステイを経験しており、高校時代には中国語を履修して、初めてのホームステイ先は、庭で鶏が走り回るような中国の片田舎の家だったそうだ。大学入学後はイエールのプログラムを利用して、日本、ドイツ、イギリスに、短期留学とホームステイを毎年繰り返しているとの事で、そのバイタリティーに満ちた話はワクワクするものばかりで、老け込んでいる場合ではないと心底感じた。
 そして、思った。アメリカはいまだに多くの分野で世界のトップリーダーだ。しかし、若者には自分の将来のキャリアの為に、国境を越え新しい知識を貪欲に吸収しようとする、フロンティアスピリットが今も健在なのだと。その一方、日本の若者にはそのバイタリティーが感じられなくなってきているように思う。
 また始まったといわれそうだが、これは本当に憂慮すべきことだ。若者が安定に走る国に未来は無い。そんな事を思い知らせてくれた20才の若者は、来年日本への留学に挑戦するそうだ。「成功の暁には、必ず富山に戻ってきます。」と力強く握手をして、新幹線のホームに消えていった。気持ちが変わらなければ、また近い将来彼と会えるだろうと、後姿を見送りながら思った。

吉澤比佐志

「変わる」という事

連日暑い日が続いている。人は地球温暖化が進んでいるという。しかし、地球温暖化などは無いと主張する人もいる。どっちでもいいが、今年の富山の熱帯夜は10日を超えており、このままだとこの2倍にはなるだろう。こんな年を過去には知らない。確実に気候は変わっている。

天気だけではなく、世の中はいつも変化している。人の考え方、経済的な豊かさ、労働環境、人口、ファッション。変わらないものなど何一つない。そして、変わると言っても、進化の場合も後退の場合もある。会社経営に於いては、その変化に適切に対応するためのアクションが必要になってくる。県トラで行っている「改善活動」などはその顕著な例だ。トヨタ自動車などの企業はこの活動を継続的に行っている。なぜ改善活動をするのか?それは問題の芽を小さなうちに刈り取るのである。会社が困難な状況になってからでは遅いのだ。トヨタの強みは、この改善活動が習慣化されているところであり、社員の多くは現在の仕事に常に疑問を持ち、これがベストのやり方かを自問するクセを身に付けている。


しかし、フツーの会社ではなかなかこれを実践できない。それは何故か?私を含め、改善や変革は、考える力や行動力が常に要求されるからであり、同時に結果が見える化されるため成果が求められ、それがストレスにもつながる。しかし、改善は常に客観的な見地からその是非が判断されなければならず、個人単位の改善は独りよがりなものになる危険性がある事は否めない。


最近ではかなり少なくなったが、大きな会社と仕事をすると、自分たちの正当性を主張して、相手のやり方を変えさせようとするところがある。全体最適とは程遠い主張で、ともすれば自分の会社の社員に楽をさせるようなケースも少なくなかった。しかし、そのように変化を「相手」に強要し、自分たちが変わろうとしない会社の末路は悲惨である。そして気が付いた時には、変わる余力が残されておらず、誰かに助けを求めるしか無くなるのである。


これは会社だけの話ではない、変化は身の回りで常に起こっており、加速している。その変化をしっかり理解して、自分が変わる為の行動を起こしていく事が求められている。そうしなければ、自分の仕事が無くなることだってある。日本が豊かだった時代は、もうとっくに終わっている。


吉澤比佐志

青い目のご近所さん

 私の自宅の近くに、ロシア人の家族が暮らしている。朝のゴミ出しの時にご主人と会うと、どちらからともなく挨拶をするという関係だが、先日玄関の落ち葉を掃除していると、「すみません、失礼ですがバスケットボールのゴールは今使っていますか?もしも使っていなかったら、お金はお支払いしますので譲っていただけますか?」と流暢な日本語で問いかけてきた。聞くと地元の小学校に通う息子がバスケットボールのクラブチームに入ったので、練習させたいとの事だった。譲って欲しいと言われたゴールは娘がミニバスを始めた時に買ったもので、もう使っておらず少々くたびれており、お金を頂くような代物ではない。そこで、お譲りするので家までお持ちくださいと言ったところ、道をゴロゴロ引っ張り引き取って行かれた。普段は「おはようございます」や「こんにちは」以外の会話をしたことがないのだが、話すと人懐っこく笑顔の優しい人だということがわかった。そして何よりも礼儀正しいのに感心した。
 そんなことが有った数日後、家のインターホンが鳴った。モニターを見るとそのご近所さんと息子の姿が映っている。何事かと思って玄関のドアを開けると、「先日は有難うございました。」とお菓子の入った袋を差し出された。息子と一緒にお礼に来たのだと言う。息子は今日もゴールで練習して汗を流したそうで、彼もしっかりお礼を言ってくれた。
 譲ったゴールは決して綺麗なものではなく、お礼を頂くほどの価値など無い。しかしそれに対する感謝の気持ちを示してもらったことが何とも嬉しかった。日本人なら「有難うございます。」で終わったかもしれない。
 今後日本にはもっと多くの外国人が住むようになるだろう。それは避けられないと思う。そんな時、外見やイメージだけで判断することなく、お互いを理解し合う姿勢が大切なのだと感じた。そんな出来事だった。

吉澤比佐志

創立50周年を迎えるにあたり

 富山県トラックは来る6月に創立50周年を迎える。しかし、創立当時の写真などが全く残されていない。どのような経緯で富山県トラックという会社が出来たのかを物語るものは、亡くなった私の父の自叙伝以外には何も残っていない。


 それによると、富山県トラック株式会社の歴史は、父が経営していた株式会社吉澤油化学研究所の輸送を担う企業にする為、当時経営困難に陥っていた中越急送株式会社という会社の再建に係わった事からスタートしている。昭和44年5月6日に「中越急送株式会社再建委員会」が結成され、再建案が議決されたものの、旧経営陣の社長がその再建案を不服として退社した為、5月15日に名称を「富山県トラック株式会社」に変更し、吉澤油化学の資材課長が責任者となり6月8日に事実上のスタートを切ったと自叙伝にはある。


 そんな経緯も有ってか、船出を祝うとは程遠い状況だったのでは無いかと推察される。運輸業に精通しない素人集団による経営という事も有り、創業期には父の言葉を借りれば「戦慄を覚える程の凄まじい思い出」に満ちた大改革を断行したようである。そんな中で、苦しくても看板を汚さぬよう法令を守り、富山県トラックの信用の基礎が築かれて行った。それは今もしっかりと受け継がれているDNAとも言える。


 実際私が入社した平成元年は創立20周年に当たっていたが、当時そのような意識が全くなかった理由は、前述の設立経緯にも有るように思う。今日まで、周年をお祝いしたのは10年前の40周年記念の社員旅行だけである。


 しかし、紆余曲折は有ったが今は社員も100人近い大所帯になった。次の時代に向かっての決意を新たに、これまで支えてくれた方々や、今頑張っている社員と共に、盛大に50周年をお祝いしたいと思う。また、50周年を記念して、カンパニーソング(社歌)を作り、企業CMを制作したいと考えている。


 当然の事だが、イメージで会社が良くなるわけではない。社員が働き易い会社となるよう、「3ヶ年経営計画」を柱に、若手中心で次の時代を創って行ってもらうように支えて行きたい。そして、富山県トラックがこれからもこの富山の地で、お客様に愛され、信頼されそして満足して頂ける「ブランド企業」になるべく、これからもたゆまぬ努力を続けて行きたいと思う。



吉澤 比佐志

完成近づく富山駅

 北陸新幹線が開通して間もなく4年になる。時の経つのは本当に早いものだ。新幹線に関しては、何度かブログには書いたが、開通後の富山駅には多くの観光客が訪れるようになり、特に外国人観光客が目を引くようになった。富岩(ふがん)運河環水公園にある「世界一美しいスタバ」周辺は、外国語で溢れている。新幹線のもたらす集客効果は想像以上に大きかったと言える。

 さて、ここで再度取り上げたい事がある。それは、富山駅がまだ完成半ばだという事である。現在富山駅の北側に出るには、南口(正面)を出て地下通路を通らないと行けない。これに数分を要する。新幹線の開通時にはほとんどの利用者がこのことを知らず、計画のあまりの杜撰さに開いた口がふさがらなかった。当然観光客からも大変評判が悪かった。何故なら、大型の観光バスのターミナルが北口にあったからである。私事であるが拙宅も駅北にあり、出張から疲れて帰るたびに、あなぐらの様な通路を通る事が億劫だった。

 なぜこのような事になったかと言えば、新幹線と並行して走る旧JR北陸線、現在の「あいの風とやま鉄道」の高架化が遅れたからである。当初3年で完成と言っていたものが遅れている。

 しかし、その高架化が来月完成の運びとなる。今後、今年の4月には地下通路を通らずに、北側から新幹線の改札に直接通り抜けできる、幅5mの連絡通路が出来、10月には青年会議所の全国大会の開催に合わせ20mに拡張され、最終的には来年3月に25mで完成の運びとなる。同時に市電とライトレールの接続が行われるとのことである。尚、南北線呼ばれる駅西側を通る通り抜けの道路は、2021年の10月ごろの完成となるようだ。

 最近になって、漸くテレビでこの詳細が報道された。新幹線が完成する前からずっと疑問に思っていたが、完成が見えて来たのでやっと放送したのかと、ひねくれた気持にもなるが、利便性が高まる事は誠に有り難い。と同時に、富山の玄関口としての、富山駅の魅力をこれからどのように作っていくのかに、興味が移る。

 金沢の鼓門の前や、まだ開通に4年余りあるにも拘らず整備された福井駅の「恐竜広場」の前では、観光客が記念写真を撮っている。開通したにもかかわらず、駅前の工事をしていた富山駅の、おもてなしの心がこれから問われる事になる。とは言え、先日駅の目の前での大型ホテルの計画が発表され、重厚長大が得意な富山県らしい無骨な風情になりそうだと、秘かに思っているのは私だけではないかも知れない。

吉澤比佐志