社長ブログ”千客万來”

変わる世の中と変われない自分

新型コロナウイルスの日ごとの感染者数も減少して、東京都以外の道府県での発生も収まったかのように見える。しかし、世界に目を向けると決して安心できる状態ではない。その中でも、欧米では経済の停滞を危惧して、感染防止対策を緩和している。政府の発表やマスコミは日本の対策があたかも功を奏したように言っているが、比較対照するものが不明確で、自画自賛の域を脱していない。何もしないうちに、国民の我慢で収束に向かったというのが実情だろう。前回のブログで書いた通り、国民の手柄を政府に横取りされたと言える。

 そんな中、ビジネスの世界は、仕事の仕方が大きく変わっている。この流れは世間で言われている通り、今後も元に戻ることは無いだろう。言い換えれば、今まで後生大事に守り続けてきたやり方がこれからも有効とは言えないという事だ。

その最たるものに、リモートによる意思疎通が有る。実際に訪問しなくても、通信用のアプリを使って、顧客とのコミュニケーションが可能である。また、大会場を使って行われていた業界の勉強会等も、瞬く間にリモートが導入され運用されており、致命的な問題は何一つないと言える。我々のような地方の企業は、居ながらにして会議に参加できたり、
お客様と商談ができるリモートは時間効率を考えるととても魅力的なツールであり、この利便性を経験すると、コロナ後にまた対面型のコミュニケーションに全面的に戻るとは思えない。今後はこのツールをいかにうまく使いこなせるかが問われると思う。「見せる化」がキーワードになるだろう。

 次に起こる変化は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の加速ではないだろうか?県トラでも新3ヶ年経営計画で取り組もうとしているテーマではあるが、現実のものとして成果を上げていく為に何をしなければならないのかを、早急に考えなくてはならない。仕事における受注から完了までの業務がDXによりいかに効率化できるかを検討し変えて行かなくてはならない。新たな脅威の発生や、働き方の変化によってリモートワーク等が導入されても、業務の遂行になんら支障がおこらない県トラ版DXを実現したい。

コロナで世の中が大きく変わる中、これから訪れる様々な変化にいかに対応できるかが問われている。進化論では「環境の変化に生き残るのは強いものではなく、変化に適応したものである。」と説いている。「諸行無常」の教えの通り、世の中は昔から変化を繰り返している。それを嘆いても仕方が無い。変える勇気をもって、一歩前に進みたい。

吉澤 比佐志

新型コロナウイルス蔓延の渦中

 経営戦略を構築する際にSWOT分析というのを行う。SWOTは「スウォット」と読み SはStrengthの略で強み、以下WはWeaknessで弱みを表し、これで自社の内部の強み弱みを分析する。OはOpportunityで機会、TはThreatで脅威を表し、我々が現在どのような経営環境にいるかという外部環境を分析する。この場合、新型コロナウイルスは、Tの脅威として認識されなくてはならないが、果たしてSWOT分析を実施している企業のどれほどがこれを脅威として捉えていたのだろうか?少なくとも県トラにはその認識が無かったと言える。


 新型コロナウイルスは世界中に蔓延しており、最近のニュースの大半がそれに関連するものである。しかし、氾濫する情報の何を信じて良いのか我々には判断がつかない。また、各国の対応もそれぞれ違い、感染者数や死亡者数も信頼できるものなのか疑わしい。


 感染が始まったころにはたいしたことが無いと言われ、国際機関もいつまでも緊急宣言をしなかった。それによって様々な勝手な解釈が生まれ、誤った判断がされた。その結果町には感染者が溢れ医療崩壊を招いて、予想以上の人が亡くなるという事態に陥っている。    日本でも2月初めごろから感染者が増え始めていたが、オリンピックの開催も有り、政府の方針がなかなか決まらず、逆に3月下旬の連休頃には根拠のない安心感が広がってしまった。その結果かどうかはわからないが、4月初めから感染者数が急拡大し、医療崩壊が始まっている。


 コロナは企業にとっても、個人にとっても、脅威(T)である。「そんなはずじゃなかった。」ではすまされない。はっきり言って、企業の命運も自分の命も自らが守る以外に方法は無い。経験したことのない脅威の前では最悪を想定して行動するしかない。誰かに文句を言っても始まらない。十分注意をしても、移る時は移るのであり、感染した人を責めても意味が無い。政府が信用に足らない事は明白であり、我々が耐えてコロナを克服したとしても、しっかり努力を横取りされると思った方がいい。


 今はとにかく"Stay at Home"(家にいなさい)だ。そして、何よりも手洗いは有効だ。これも忘れずに。そして今この時、コロナと闘う医療従事者が居る事を忘れてはならない。 予防して、病気にかからない事で彼らを支えよう。中傷や非難は愚の骨頂だ。一日も早く元の世の中に戻るよう、今は皆で協力をお願いします。

吉澤 比佐志

野村克也氏逝く

プロ野球で選手としても監督としても活躍した野村克也氏が亡くなった。我々が子供の頃は巨人の全盛期で、とりわけ王・長嶋が圧倒的な人気だった。その中で、実績もありながら、野村が子供たちのヒーローになることは無かったように思う。王・長嶋を「ひまわり」にそして自らを「月見草」と例えるように選手としては華やかさが無かったからだろうか。実際我々の同年代でも、王・長嶋ファンが圧倒的に多いが、野村は人気が無い。ぼやくスタイルを「暗い」と受け止められている。

しかし、私は野村氏の野球に真摯に向かい合う姿勢に惹かれる。野球に勝つためのチーム作り、選手育成に心血を注ぎこむ姿勢、そしてデータを徹底的に活用する戦略は経営者としても学ぶことが多い。

野球を通して得た真理を「野村語録」として表現したものの中に「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」というのがある。これは、かつての剣豪の言葉らしいのだが、日々の仕事の中でこれを実感する事がある。

例えば社内の不良や事故にもこれが当てはまる。毎月の品質会議を行う中で、突然不良が連続的になくなる事が有る。そんな時、あたかも不良が根絶できたような感覚に陥る。特別な努力や対応策も講じていないにもかかわらず、である。それは正に「不思議な勝ち」であり、「不思議の無い負け」の洗礼を程なく受ける事になる。会社の業績に於いても、それが順調に推移すると、その背景にある先人たちの努力や行動を忘れ、自己の功績にすり替え、それが永遠に続くという錯覚をして、「不思議の無い負け」を喫する事になる。

経営と言うのは、他社との勝ち負けを競うためのものではないが、自分たちが掲げた目標が達成できたか否かが「勝ち負け」の判断だとすれば、「不思議の無い勝ち」を得るためには、過去の成功体験に頼ることなく、現状を疑い、改善や革新を怠らず、勝つための方法論をとことん追求して極め、絶対に負けない実力を磨いていかなければならない。それは終わりのない戦いだ。

野村氏は選手時代捕手として、全ての試合で「完全試合」を目指したが、それが達成されたことは無かったそうだ。それでも野球が大好きでいつも高みを目指す姿勢が晩年多くの人たちの心に届いたのだろう。天国でサッチーに会えただろうか。ご冥福をお祈りします。

吉澤比佐志

令和元年を振り返る

今年一年を通じて、富山県トラックにとって一番心に残る出来事は、創立50周年である。昭和44年の6月に富山市黒瀬で、父が経営していた吉澤油化学研究所が、経営困難を抱えた運送会社の再建に係わり買収したところから、会社の歴史がスタートしている。

再建には多くの困難があり、設立から暫くの間は苦労の連続であったと、父の自伝に記されている。父を含む当時の設立に係わった人たちの尽力で、無事に50周年を迎えられたことに感謝すると同時に、これまで富山県トラックを支えて下さったお客様と、会社の発展に一丸となって力を注いできた社員の皆さんには、心よりお礼申し上げたい。

50周年の年に強く感じる事は、この先富山県トラックが60周年、70周年と歴史を重ねて行く為には、お客様に満足して頂けるサービスを提供し続けなければならないという事だ。もう一度富山県トラックの経営理念をしっかり心に刻み、更なる成長を続けて行きたい。

富山県トラック経営理念
1、 お客様の役に立つ仕事を誠心誠意行い
   お客様に必要とされる企業になる。
2、 「起業は人なり」の理念で、人財の育成に
   努める。
3、 常に最高の物流を求め、絶えず行動し
   創造する。
4、 企業の繁栄を通じ社員が成長し、地域の
   発展と幸福に寄与する。


最後になりますが、皆様が良い年を迎えられますようお祈り申し上げます。
今年一年本当にありがとうございました。

吉澤 比佐志

20才大学生から学んだこと

 今年の夏休みに、我が家でアメリカ人の学生のホームステイを受け入れた。シアトル生まれのモンゴル系アメリカ人で、現在名門イエール大学で経済学を専攻する20才、9月から3年生になる優秀な男子学生である。ホームステイを受け入れた経験はなかったが、家内が学生時代にアメリカでしたホームステイがとても楽しい経験だったことから、受け入れてみようという事になった。コミュニケーションについては、前の仕事で英語を頻繁に使っていたのでさほど不安は無かったが、思いの外錆び付いていた。しかし、シャワーのように英語を使うチャンスも今の生活ではそうそうないので、頑張ってたくさん話をした。
 その結果、自分が持っていたアメリカの高校生や大学生のイメージが何ともステレオタイプの先入観に満ち溢れたものであることを思い知った。まずアメリカの高校生はほとんど勉強をせず、楽しい学校生活を楽しんでいると思っていた。ところが、彼の通っていたシアトルの私立高校は学生がとても真剣に勉強し、彼も3年生になりたての頃に受けたSATというアメリカのセンター試験のようなもので早々トップクラスの大学に行ける成績を取り、3年生の後半は学業成績と同様に大学から要求されるボランティア活動に励み、その結果無事にイエール大学に合格できたとの事だ。彼の高校の卒業生にはビル・ゲイツがおり、在校生はマイクロソフトやアマゾンで働く親を持つ子供が多く、勉強へのモチベーションもかなり高いそうだ。
 また、アメリカ人はトランプではないが、アメリカ第一で、外国には興味の無い人が殆どと思っていたが、彼は高校卒業時から毎年海外でのホームステイを経験しており、高校時代には中国語を履修して、初めてのホームステイ先は、庭で鶏が走り回るような中国の片田舎の家だったそうだ。大学入学後はイエールのプログラムを利用して、日本、ドイツ、イギリスに、短期留学とホームステイを毎年繰り返しているとの事で、そのバイタリティーに満ちた話はワクワクするものばかりで、老け込んでいる場合ではないと心底感じた。
 そして、思った。アメリカはいまだに多くの分野で世界のトップリーダーだ。しかし、若者には自分の将来のキャリアの為に、国境を越え新しい知識を貪欲に吸収しようとする、フロンティアスピリットが今も健在なのだと。その一方、日本の若者にはそのバイタリティーが感じられなくなってきているように思う。
 また始まったといわれそうだが、これは本当に憂慮すべきことだ。若者が安定に走る国に未来は無い。そんな事を思い知らせてくれた20才の若者は、来年日本への留学に挑戦するそうだ。「成功の暁には、必ず富山に戻ってきます。」と力強く握手をして、新幹線のホームに消えていった。気持ちが変わらなければ、また近い将来彼と会えるだろうと、後姿を見送りながら思った。

吉澤比佐志